赤ちゃんの反抗期に考えておくべきこと|ママワザBOOK

  • フォークラスのライター募集
2,116 views
2014年3月5日
赤ちゃんの反抗期に考えておくべきこと

赤ちゃんの反抗期は親にとっては少し苦しい事が出てくる事も多いですが、これは成長のあかしとも言える事なのでしっかりと受け止めて理解してあげる必要があります。できるだけ成長を受け止めてその成長を支えてあげることが必要です。

WEBライター。頭もお腹も柔らかくをモットーにしてます
  

赤ちゃんの反抗期が訪れる理由について

どんなに小さな赤ちゃんも成長すればかなり精神的にも肉体的にも成長していくものです。

ある程度大きくなればそれだけ自我も芽生えてくるのでかなり大人からすれば反抗期のような様子が見受けられることも多くなります。

自分の意思を表現できるようになればそれだけ様々な自己表現が多くなりますが、幼いうちに出来る表現は限られているので大人からすれば反抗しているように見えてしまう事もあります。

しかし、幼い子供からすれば自分の思いを親に伝えられるほどに心が成長しているという事になるので大人としてはしっかりと喜ぶべきことでもあります。

それほど深刻に考えるのではなく、しっかりと考え直して子どもの教育方針をよく考えて守るべきところはしっかりと守っていく必要があります。

場合によっては家族で幼い子供の教育方針を話し合って、しっかりと甘えさせる所は甘えさせて、厳しく接する所は厳しく接する必要があります。

幼い子供が成長する時にはある程度学べる事も考えながら大人として対応していくことが必要です。

この反抗が起きる時期の対応によって子どもの忍耐力や好み、性格が変わっていくことも多いのでできるだけしっかりと対応する事が必要となります.。

赤ちゃんの反抗期にとるべき行動について

親としてまだ経験の浅い場合には子どもの日々の成長や変化にはなかなか対応しきれない事が多いです。

特に子どもの主張に関しては子どもは大人の事情や周囲の状況に気を遣う事もなかなかできないので、しっかりと親も勉強をしておくことが必要です。

子どもの行動を管理するのではなく、しっかりと時間をかけて接して行くことでとても良い効果を生む事ができます。

赤ちゃんの反抗期は子どもの精神的な成長がその要因となっており、かなり親としては満足できる事でもあります。

しかし、子どもの急な行動に対して時間をかけて接する事はとても難しく大人としてどうしても対応できないような事に関しては子どもに我慢を教えつつもしっかりと対応する必要があります。

あまり難しい事は考えずにまだこど場が判らない子どもであっても、しっかりと話をして理解をしてもらいながら対応していく必要があります。

長い時間わがままを言う場合にも、根気良くしっかりと対応していく必要があります。

気をそらすようなことも必要で、場合によってはおやつ等で気をそらしつつ上手に子どもを扱うようにする必要があります。

親としては面倒な事も多くなりますが、しっかりと子どもの成長に貢献できるように工夫しておく必要があります.。

赤ちゃんの反抗期を上手にやり過ごす方法

赤ちゃんの様々な反抗期は大人が真面目に取り組み過ぎると対応しきれない事も多くあります。

程ほどに対応しながらやり過ごすことも必要となります。

おやつや欲しいものをねだる時にはそれだけ何の話も無くわがままを聞いてあげてしまうとかなりわがままがひどくなってしまう事もあります。

できる限り子どもの意思も尊重しながら親としての思いも伝えられて互いに理解ができるようにしていくことが大切になります。

時には問答無用で子どもの要望を却下して対応する事も必要になりますが、子どもの機嫌もよく考えながら対応していくと良いでしょう。

どんな子どもでもしっかりと説明をしていけば子どもも事情が理解できるようになってくるので、親として時間をかけて対応していくことも大切ですが、時には大人の責任を持って毅然とした対応をとることも必要となります。

子どもの気をそらしたり、集中してしまっていることから気持ちを別の所に持っていかせることができればそれだけ余計な事を気にすることなく子どもの相手をする事ができます。

時にはわがままを聞いてあげつつも、わがままを聞いてあげられるタイミングなどを先に子どもに分かってもらえていればそれだけ便利に子どもの対応ができるようになります。

著者:加賀原まこ

WEBライター。頭もお腹も柔らかくをモットーにしてます
アイコン
情報を噛み砕きつつ簡単に伝えます。女子なのにコスメ系のネタが苦手だったりしますが、取材はちゃんとします!