赤ちゃんに向いている食事について【バランス・栄養・吸収】|ママワザBOOK

  • フォークラスのライター募集
2,900 views
2014年3月5日
赤ちゃんに向いている食事について【バランス・栄養・吸収】

赤ちゃんは少しずつ離乳食から大人も食べているような固形物の食事を食べられるようにしていく必要があります。時には食べられるものや食べられないものを考えながら子どもの成長に必要な栄養素を摂取できるように工夫する必要があります。

WEBライター。頭もお腹も柔らかくをモットーにしてます
  

赤ちゃんが必要になる食事について

赤ちゃんにとって食事はとても大切な栄養摂取の源ですが、幼いうちにはまだあまり固形の食べ物を吸収できない事が多いので離乳食から少しずつ固形の食べ物にしていく必要があります。

栄養成分の多い食べ物でかつ、子どものお腹にも優しく吸収しやすい食べ物を与えることが必要で、しっかりと大人が食べ物の取り方に気をつけてあげる必要があります。

子どもに必要な栄養素はたんぱく質や炭水化物、ビタミン・ミネラルなども大量に必要になります。

様々な栄養素を大人よりも多く摂取する必要がある栄養素もあるのでしっかりと摂取できるように考えて食べ物を与えていく必要があります。

栄養については様々なものを与える必要がありますが、あまり過剰に与えすぎると健康を害してしまうので適切な量をバランスよく与える必要があります。

身体を大きくしたり丈夫な骨や肉を育てるためには良質なたんぱく質をしっかりと摂取していく必要があるので十分大人が栄養管理をしてあげると良いでしょう。

また添加物に関してはできるだけ摂取させないようにし、自然由来の上質な野菜や果物を多く食べさせてあげるようにすると大人になる成長の過程で様々なメリットがあり、健康なままで大人に育ってくれます.。

赤ちゃんが食べてはいけない食事について

赤ちゃんは様々な栄養素を食べなければいけませんが、しっかりと気をつけて食事をとらないとその食べ物で健康を害してしまう事もあります。

時には幼いうちには食べてはいけないものもあるのでしっかりと大人が気をつけてあげる必要があります。

特に有名なのは刺激物で酸味の強いものや辛いものはかなり危険で、幼い子供には与えてはいけない場合が多くなっています。

特にゴーヤのような苦味が強いものは口に入れるだけで吐いてしまう事もあるので、幼い子どもの口にも合うような味わいを知っておき、子どもの好む料理にしておく必要があります。

味ばかりが大切ではないですが、しっかりと自然由来の栄養を摂取させてあげられるようにするための工夫が必要ですが、事前に子どものアレルギーなどを調べておく事も大切です。

アレルギーのある食べ物を与えてしまうとじんましんが発症してしまう事も多いので、アメリカンチェリーやそば、小麦などアレルギーがでやすいものは幼いうちはあまり与えない方が安全です。

また添加物が多く入っているようなものは子どもの脳の発達や健康面の発達にも影響があることが多いので子どものごはんの時には特に十分に気をつけておく必要があります.。

赤ちゃんが食べられる食事について

赤ちゃんが摂取できる食事はかなり限られたものになっています。

あまり刺激の強い食べ物はそれほど与えられないので、しっかりと健康的でかつ甘味も感じられるような食べ物を子どもに与えることが大切です。

大人がしっかりと味も管理してあげる必要がありますが、少しずつ訓練をしていき、食べられる食べ物を増やしていく必要もあります。

始めのうちは柔らかい食べ物から与えていき、少しずつ固形物の食べ物も食べるようにしていけば大人と一緒の食べ物をとる事もできるようになります。

基本的に、たまねぎやネギは刺激やにおいが強いのでなかなか簡単には食べられないことが多く、繊維が吸収できない事も多いです。

また山芋などは皮膚に触れるとかゆくなってしまうのでキレイに食べることができない子どもには避けた方が良い食べ物です。

また、ゴーヤなどの苦味が強いものも子どもにはあまり向いていないので避けた方が良いでしょう。

子どもが食べられる食べ物はかなり少ないので消化吸収の様子を見ながら与える食べものを変えていくと良いでしょう。

特に消化に悪いものはあまり与えない方が良いので、固形物を消化できるようにしてから少しずつ与えていけるようにすると良いでしょう。

著者:加賀原まこ

WEBライター。頭もお腹も柔らかくをモットーにしてます
アイコン
情報を噛み砕きつつ簡単に伝えます。女子なのにコスメ系のネタが苦手だったりしますが、取材はちゃんとします!