【一時保育事業】冠婚葬祭などの緊急時に乳幼児の預かりが可能!|ママワザBOOK

  • 取材などできるフリーライター募集
4,251 views
2014年3月5日
【一時保育事業】冠婚葬祭などの緊急時に乳幼児の預かりが可能!

一時保育は近年とても大切な事業として民間でも公的機関でも行われています。特に両親が共働きの家庭でもシングル親の家庭でも、一般的な家庭であっても一時保育はとても大切なものなのでしっかりと情報をもっておいて活用すると良いでしょう。

WEBライター。頭もお腹も柔らかくをモットーにしてます
  

重要なイベントの際に利用すべき一時保育

imasia_16039869_M

子育てをしていると様々なトラブルに巻き込まれる事も多く、時には幼い子供の面倒を誰かに見てもらって素早く行動しなければいけない時もあります。

しっかりと信頼ある託児所等に預けることでかなりしっかりと安全にイベントやトラブルをこなしていくことができますが、特に重要なのは冠婚葬祭など幼い子供がいると参加が難しいようなイベントで、家族の病気の際にも一時保育が必要になる場合もあります。

幼い子どもの多くは、親がいない状況ではかなり泣いたり騒いだりしてしまう事もあるので定期的に一時保育に預けながら慣れさせておく事も大切です。

冠婚葬祭の時には厳かな雰囲気の中で静かに参列しなければいけない事も多いので、子どもの世話をしてくれる人がいない場合にはしっかりと一時保育を頼っておくと特に安全に子育てをしていくことができるでしょう。

結婚式や様々なイベント会場では託児所が併設されている所も多くなっており、一時保育に預けることなく式に参列する事ができる場合もとても多くなってきています。

時には様々な会場を調べておき、一時保育が必要かどうかも考えておくとよりスマートに子育てができるでしょう。

事前に子ども自身に話しをしておく事も大切で保育所でもしっかりと対応できるようにしておくと良いでしょう。


一時保育に預ける時に注意すべきこと

一時保育に子どもを預ける時には周囲の子どもたちや保育所に迷惑をかけないように注意をする必要があります。

特に、風邪をひいている時やインフルエンザ等にかかっている時には一時保育では預かってもらえない事が多いので、事前に健康であることを確認する必要があり十分注意すると良いでしょう。

しっかりと安全面に注意をしてそれぞれに負担がないようにすることでよりしっかりと健康を維持する事ができ、子ども自身が保育所で楽しく時間を過ごせるようになります。

様々な面で子どもが託児所になじめるかどうかという点も大切になるのでしっかりと早いうちから子どもに慣れさせておく事も大切です。

施設によっては子どもがお昼寝をする事ができないようなさわがしく騒いでも大丈夫な所もありますが、幼い子供を預ける場合にはしっかりと静かに休めるような場所がある施設を選んだ方が良いでしょう。

確実に子どもにとって快適に長い時間をつぶせるような保育所を利用する必要があり、子どもに我慢ばかりさせるような環境はあまり作らないようにしましょう。

しっかりと子どもとも話をしながら一時保育を利用するようにし、しっかりと安全に託児ができるようにしておくと良いでしょう。


一時保育を利用する時に大切な事

imasia_16504406_M

一時保育を利用する時に最も大切なのは子どもがしっかりと託児施設で保育士の言う事を聞いたり、保育所の子どもたちと一緒に交流できるかどうかが大切です。

どんな託児施設でも入れれば良いわけではなく、子どもがそこにいて嫌な思いをするようであればしっかりと別の施設を選んで利用する必要があります。

特に幼い子どもは交流が苦手なので保育士がしっかりとサポートしてくれるような施設を選んであげる必要があります。

特に重要なサポートについては一度預けてみないと分からないこと多いですが、保育士と子どもの相性が良い場所やしっかりとした保育士がいる施設であればしっかりと子どもを預けることができるのでおもちゃの数ではなく保育士のスキルや信頼性、能力等を頼って施設を決めると良いでしょう。

しっかりと安心して預けられる施設であればそれだけ多くの時間子どもを預ける事も出来るので子育て期の辛い時期や子育てでたまった母親の疲れを癒す時にも託児施設を活用する事ができます。

冠婚葬祭の時だけではなく、様々な場面で一時保育を活用できるようになればそれだけ効果的に生活ができるようになり、しっかりと様々な面で有意義に生活する事も出来るでしょう。

著者:加賀原まこ

WEBライター。頭もお腹も柔らかくをモットーにしてます
アイコン
情報を噛み砕きつつ簡単に伝えます。女子なのにコスメ系のネタが苦手だったりしますが、取材はちゃんとします!