歯がなかなか生えない赤ちゃんへはどうするの?|ママワザBOOK

  • フォークラスのライター募集
24,661 views
2014年3月5日
歯がなかなか生えない赤ちゃんへはどうするの?

歯が生えない赤ちゃんは近年とても多くなっていますが、健康状態の変化などで歯が生えるのが遅い場合もあります。しかし、生まれつき歯がない子供もいるのでしっかりと医療機関で調べてもらう必要もあるので注意しておくとよいでしょう

WEBライター。頭もお腹も柔らかくをモットーにしてます
  

歯が生えない赤ちゃんへの対応について

赤ちゃんの歯が生えないで不安になることは多いですが、ある程度早めに医療機関で調査をしてもらうことで対処をすることも可能になります。

歯が生えてこない理由は様々ありますが、近年の偏った食生活のために赤ん坊がお腹の中にいるときに栄養が足りなかったり、添加物や保存料が多く体内に残ってしまうことで歯がない状態で生まれてきてしまうことも多くあります。

もちろん遺伝的に歯がなくなってしまっていることもあるので理由は一概には言えませんが、しっかりと検査をしてもらうことで子供の状態を知ることができます。

特に赤ん坊は自分の健康のことはほとんどわからないので、親や周囲の大人がしっかりと子供の相手をしてあげるようにするとよいでしょう。

歯がない場合にはある程度の年齢になってからしっかりと再検査をしておけば大人になってからでお安心して対応することができます。

近年の医療技術では歯が生えなくても人工の歯を埋め込むなどして対応することができるのでかなり対策を取る事ができます。

できれば幼いうちから歯があるかどうかお調べておくことで成長の過程でしっかりと歯に関する治療や処置ができるのでお母さんは子供の成長の様子をしっかりと母子手帳などにまとめておくとよいでしょう.。

赤ちゃんの歯が生えない時の食事のとり方について

赤ちゃんの歯が生えない時には食事のとり方もしっかりと工夫してあげる必要があります。

完全に歯が生えてきていない場合には固形物が咀嚼できないのでやわらかい食事を与えるようにする必要があります。

赤ん坊用の離乳食やおかゆのようなものを与えればしっかりと栄養も摂取することができます。

また、赤ん坊には様々な栄養が必要になるのでバランスよく食事ができるように工夫する必要があります。

時には果物なども多く与えることでしっかりとビタミンも摂取することができるので親はしっかりと栄養面などについての知識も身に付けながら食事を与えるとよいでしょう。

赤ん坊はあまり食事を一度にたくさん取れないので一日に5回程度に分けて食事を与えてあげるとしっかりとバランスよく食事ができるでしょう。

お米をもとにしているおかゆなどはしっかりと炭水化物を摂取することができるので怠らずに食べさせてあげるようにするとよいでしょう。

果物などはかなりビタミンやミネラルがあるので子供が成長するのに欠かせない栄養を多く摂取することができます。

野菜や果物など幼い子供は好き嫌いが激しいのですべての食材をバランスよく摂取することができるように気を付けてあげることが大切です.。

歯が生えない赤ちゃんでも健康に育つことができる

健康上の理由や遺伝的な理由で歯が生えない赤ちゃんでも健康に育っていくためには様々な工夫が必要となります。

しっかりと栄養を摂取すれば多少の歯が生えなくてもしっかりとその歯を補うことができます。

しかし、ある程度成長してから人工の歯を埋め込むこともできるのでまずはしっかりと離乳食ややわらかい食事で栄養をたくさん摂取してよく成長していくことが大切です。

赤ん坊には多くの可能性があるので、しっかりとそれらの可能性を支えられるようにしてあげるとよいでしょう。

親のお腹の中のころから歯がなかった場合には特に生まれてから健康に良い自然食や添加物の少ない食事をとらせてあげることでかなりしっかりと健康を管理できます。

歯は栄養成分をしっかりと摂取していれば生えてくる場合もあれば、ただ生えてくるのが遅れているだけの場合も多いので医療機関でしっかりと検査をしてもらうようにしておくとよいでしょう。

親が勝手に判断してしまわずに健康状態を母子手帳などにしっかりと残しておくとよいでしょう。

子どもの様子によって様々な健康状態があるのでできる限り医療機関で検査をして適切な処置をするようにしましょう。

しっかりと親が栄養面を気を付けてあげるとよいでしょう。

著者:加賀原まこ

WEBライター。頭もお腹も柔らかくをモットーにしてます
アイコン
情報を噛み砕きつつ簡単に伝えます。女子なのにコスメ系のネタが苦手だったりしますが、取材はちゃんとします!