3歳でかかりやすい病気と対処法について|ママワザBOOK

  • ライター募集
7,358 views
2014年3月5日
3歳でかかりやすい病気と対処法について

幼い頃には免疫力も弱いのでなかなか病気にかかると簡単には治らずに重症化してしまう事が多いです。特に3歳児は行動範囲も広くなるのでなかなか感染症などに対する免疫が付かないうちに広い世界に出てしまうのでより注意が必要となります。

WEBライター。頭もお腹も柔らかくをモットーにしてます
  

3歳でかかりやすい病気について

3歳という年齢は一般的には家庭から保育園や幼稚園に通うようになる年齢であるため様々な社会性を学ぶような場合がとても多いです。

しかし、こうした学びの機会には必ず外の世界の厳しさにも直面する事になります。

特に病気に対する耐性がないうちに様々な人に出会って風邪や感染症にかかってしまう事が多いので、できる限り病原菌に強い身体を作りながら社会に出ていく必要があります。

ある程度の年齢になれば自分で対処できるのですが、幼い子どもは自分自身で健康管理ができないのでしっかりと周囲の大人が気をつけてあげる必要があります。

子どものかかりやすい病で最も多いのは風邪やインフルエンザであり、様々な環境で大勢から感染してしまう事もあり注意が必要です。

基本的に冬という季節には風邪も流行り出すので十分気をつける必要があります。

冬はその寒さゆえに子どもは免疫力が落ちてしまうので身体を温めておく必要があり、しっかりと健康管理をする必要があります。

教育機関ではうがい手洗いを徹底するように言われますが、それだけではなく日頃から薬を先に飲んでしまうようにすることでも感染を早めに予防する事ができます。

幼い子どもがいる時には風邪であってもかからないようにしてあげる必要があります.。

3歳がかかる病気への対処法について

3歳という年齢の子どもがかかる病気は基本的には大人にはかからないものですが、ものによっては大人も感染してしまう事もあるのでできるだけ幼いうちにワクチン接種や健康診断等で安全に十分に気をつけるようにしてあげると良いでしょう。

幼い年齢でかかる病は、あまり高熱にならないうちに治すことができれば心配はいりませんがかなりの高熱になってしまうと最悪の場合脳に後遺症を負ってしまう事もあるのでしっかりとした対策が必要になります。

熱が出ている時には脇や首をしっかりと冷やすようにし、できる限り早く治療ができるようにすると良いでしょう。

確実に治療をするにはとにかく安静にしていることが大切ですが、子どもの場合にはしっかりと静かにできない事もあるので親や周囲の大人がしっかりと目を離さずに見ていてあげる必要があります。

風邪や感染症にかかってしまったら、まずは医療機関や小児科に連れて行ってあげる必要がありますが、病院でもらった薬をきちんと飲めない事も多いのである程度はお医者さんに工夫して飲んでもらえるようなゼリー状の薬を用意しておくと良いでしょう。

頭の回転の良い子であれば、しっかりと薬を飲んでくれますが、苦手な事はなかなか飲めないのでしっかりと対策が必要です.。

3歳でかかると危険な病気について

近年は社会的にもかなりグローバルになっており、日本国内だけの問題では済まないような病気も多くなっています。

特に周辺諸国から入ってくる脳炎や肺炎の他、インフルエンザ等はかなり恐怖する所のあるもので、幼い子供にとっては死の危険もあるものです。

インフルエンザは特に最悪の場合死に至る病である事を把握しておくことが大切で、流行の季節になったら事前に免疫力を上げられるような食事を集中的に摂取させてあげることも大切です。

しっかりと健康を維持できるように食事や日頃の生活からしっかりと健康管理をしてあげれば風邪やインフルエンザにかかっても症状は軽く済む事が多いです。

3歳の子どもは重症化するとそれだけで危険になるので、症状を見て怪しいと思ったらしっかりと薬を飲ませたり、早めに医療機関にかかっておくと最悪の事態を避けることができます。

民間療法も効果がある場合もありますが、急性の感染症や流行している病ではかなり危険があるので総合病院や大きな入院もできるような病院で対処できるようにしておくと良いでしょう。

冬場は乾燥には十分気をつけておき、乾燥した空気の中で生活しないようにすることでかなり症状を軽減する事ができるでしょう。

著者:加賀原まこ

WEBライター。頭もお腹も柔らかくをモットーにしてます
アイコン
情報を噛み砕きつつ簡単に伝えます。女子なのにコスメ系のネタが苦手だったりしますが、取材はちゃんとします!