【事故・病気】赤ん坊のトラブルとその回避の仕方について【防止】|ママワザBOOK

  • 在宅ワークのライター募集
1,849 views
2014年3月5日
【事故・病気】赤ん坊のトラブルとその回避の仕方について【防止】

赤ん坊は様々な健康、日常生活、成長に伴う過程で様々なトラブルを抱えています。しっかりと周囲の大人が気をつけることでより安全に生活をすることができますが、特に親が気をつける事はとても多く、日頃からの注意が必要です。

WEBライター。頭もお腹も柔らかくをモットーにしてます
  

赤ん坊の健康上のトラブルについて

幼い子どもや赤ん坊は健康上の問題が起きやすく、周囲の大人は健康面に十分注意する必要があります。

様々なトラブルが起こる事を予測してしっかりと安全対策をしておくことで安心して健康に成長していくことができるようになります。

幼い子供に多いのは風邪やインフルエンザなどでちょっとした事でもかなり激しい風邪をひいてしまう事が多いので十分注意して上げる必要があります。

簡単な対策では手洗いやうがいを徹底する事がありますが、それだけでは足りない場合には事前にワクチン接種を行ったり、免疫力が高くなるような食生活を送らせてあげる事もとても大切です。

ちょっとした風邪であれば病院で抗生物質をもらうだけで対処ができますが、かなり重症になりやすいインフルエンザ等にかかってしまうとそれだけでかなり危険な状態になってしまうので感染する事の内容にしっかりと対応してあげる必要があります。

冬の乾燥する時期等は寒さで免疫力も落ち、感染症も流行り出すので十分に注意をする必要があります。

免疫に弱点がある子どもは特に保育園や幼稚園の他、大勢の人がいるような場所ではしっかりと感染症対策をしてあげる事も健康のためにはとても大切な事になります.。

赤ん坊の日常生活に関わるトラブルについて

赤ん坊は少しずつ寝ているだけではなく伝い歩きや自分自身の足で立って歩けるようになっていきます。

行動範囲が広くなればそれだけ様々な危険も多くなり、家の中のトビラや部屋の角等にも十分に注意をする必要があります。

しっかりと安全対策をしていても赤ちゃんが起こす行動によって危険が生じる事も多いので様々な点に注意が必要です。

基本的にしっかりと歩けないので段差やコードなどはしっかり隠しておく必要があり、赤ちゃんの手の届かない所に設置するようにする必要があります。

ちょっとした小さなものにでも興味を持ってしまうのでできる限り安全に歩き回れるように注意をしてあげる必要があります。

例えば、電気ポットのコードなどを引っ張ってしまい熱湯を頭から浴びてしまうような事もあるので十分に注意をしておく必要があり、事前に親がトラブルを回避できるようにする必要があります。

赤ちゃんにとっては何が危険なのかは分からないので様々な面で親が目を離さないようにする必要があります。

基本的に子どもは親の行動する範囲に目をやる場合が多いので親自身の周辺に危険なものを置かないようにする工夫も必要です。

何かが起こってからでは対策ができないのでしっかりと事前にチェックをしておく必要があります.。

赤ん坊の成長に伴うトラブルについて

赤ん坊に限らず成長していく過程で様々な変化が起きてくるものです。

時には赤ちゃんは自分自身の身体の大きさを把握できずにものにぶつかったり、段差で転んでしまう事もあるのでしっかりと対策を建てておく必要があります。

成長していくと少しずつ行動範囲も大きくなるのでそれだけトラブルに巻き込まれることも大きくなっていきます。

そのため、親だけでは赤ちゃんを守りきれないような状況にも出くわすことがあるので少しでも身体を守れるように服装や身につけるものでしっかりと保護してあげるようにすると良いでしょう。

公園等で走れるようになってくれば一瞬で親の手が届かない所に行ってしまう事もあるので転んでもひざを怪我しないで済むような服装をさせてあげる必要があります。

また成長していくと自分自身の力も付いてくるのでそれまでは壊れなかったおもちゃの扱いにも注意が必要になります。

プラスチックのおもちゃ等は割れて壊れるとかなり鋭い箇所が出てくる事もあるので十分に注意をしてあげる必要があります。

成長に伴ってできる事も多くなってくればそれだけ家庭の中や家庭の外で危険なものの事を教えてあげる必要があり、赤ちゃんが自分自身で安全を確保できるように教育をする事も大切です。

著者:加賀原まこ

WEBライター。頭もお腹も柔らかくをモットーにしてます
アイコン
情報を噛み砕きつつ簡単に伝えます。女子なのにコスメ系のネタが苦手だったりしますが、取材はちゃんとします!